「頑張って我慢してる!」=ダイエット失敗?

「頑張って我慢してる!」=ダイエット失敗?
2017年5月18日

こんにちは。栄・一宮のパーソナルトレーニングジム 美wellness LAB.

セラピストの加藤です。

 

気にせず食べる 時期を経て、(前回記事

いきなり!食欲が落ち着きました。

食べたいものを食べて、身体に目を向け始めて、食生活を直視したら

「毎日の活動量のために、こんなにたくさんの命をいただいているんだ。」

と、自然と思うことができました。

 

いきなり「そう思おう!」と思っても、反動がきます。

まずは向き合うことから始めてくださいね。

 

皆さんは「あの時の自分、頑張ったなー」と思うことありますか?

ダイエットでも仕事でもスポーツでも、何でも構いません。

その時、きっとあなたは輝いていたはず。

でも、「あの時みたいに頑張れない・・・」という想いが出てきませんか?

 

“頑張っている”、というのは少なからず自分に制限をかけている状態。

その時は一生懸命で楽しくても、常にその状態でいられるかと考えると

ストレスを感じてしまうことが多いです。

 

「頑張らなきゃ」というストレスからくる選択は

一時的なイベントには良くても継続的な生活習慣の改善には向きません。

 

なので、根本的な体の改善をするダイエットの場合、

「(ストレスに耐えながら)頑張ってるな~」と感じた時点で、その方法は失敗

だと思います。

 

では、今のまま、何も変えなくていいのかというと、そういうことでもありません。

毎日いつなにを食べているのか、

それを食べていつお腹がすくのか、

どれくらい動いているのか、

いつどれくらい食べ物のことを考えているのか、

どんな食生活なら満足できるか、

いつ何をどれくらい食べると後悔するのか、

なぜ後悔するのか、

食べることで幸せを感じているか、

その食べ物にどんな意味をつけているのか、

実際身体の反応はどうか、

どんな時に食べたくなるのか、

なぜ痩せたいのか、

実際痩せた自分になって困ることは何か、

毎日の生活で気持ちが安心するのはどんな時か ・・・・・・・

 

ルールや情報に逃げず、向き合って直視してみてください。

自分を解放していきましょう。

 

ひたすら食べたい!欲が治まった私は、夜の炭水化物を控えています。

炭水化物を見ると食べたくなりますが、タンパク質、野菜は気にせず食べているので、特にストレスはありません。

実際食べなくて良くても、お味噌汁などがあるとお米が食べてくなるので、

なるべく薄味のおかずを。

(ハンバーグとレンコンはお米がほしくなるので、ドレッシングなしの野菜と一緒に。)

(外食でも選び方で次の日のむくみが変わります。)

 

そして何より、身体の調子がいいと、気持ちが安定して、前向きになります。

そのためには、運動が近道。

(リフォーマー中。インナーマッスルが使えず、力むとお腹がポッコリします。)

 

5月のマックスから-2.4キロ。

一緒に自分磨き、頑張りましょう!

 

お問い合わせはこちら。