太ももを細ももにする立ち方

こんにちは。

名古屋栄の小顔・美脚専門サロンの美wellnessLAB.です。

美脚コースでは施術だけではなく、しっかりトレーニングをしてもらいます。

やみくもに重いウエイトを挙げたりとかはせず、ももが太くならないようにするための立ち方、歩き方をお伝えします。

普段の動作も凄く大事ですが、立つという基本的な動作でも、気をつけるところってたくさんあるんですよね。

たとえば、正しい姿勢って?

何をもって正しいのかどうか・・によると思うので、正しいかどうかはわかりませんが、一般的に綺麗で、いい姿勢と言われる姿勢は、見せる時以外は、あまりおすすめできないです。

よく見かけるのはももを前に突き出すように立つ方。

before1

普段ヒールをはいている人は、靴を脱ぐとこのような立ち方になります。

腰のS字が強調され、くびれラインがくっきり見えて美しく見えるんですが、実際は腰に負担がかかり痛みが出たり、肋骨が前に出て下っ腹が出やすくなったりと、いいことあまりないです。

この立ち方に併用してよく見るのが、膝をロックして立ってしまう方。

これ、実際やると分かりますが、もも前の筋肉が緊張して硬くなります。

これが全てではないですが、この緊張状態が続くとももは太くなりますよ。

緊張させて硬くすれば細くなると思っている人多いですが、それは大きな間違いですからね。

骨盤のポジションと膝をロックしないように立つ練習をするだけで脚の太さは変わります。

トレーニングして立ち方を意識するとこんな感じ。

after1

立ち方が変わるだけで、こんなにも太ももに変化が出ます。

並べてみるとより変化がわかりますね、ちなみに15分でこの変化です。

比較写真

ももの引き締めを今年こそはって思っている方、コンテストに出て引き締まった脚だけでなく、バリ旅行も手に入れちゃいましょう。

初回体験・お問い合わせはこちら