暴飲暴食は肌荒れの元

こんにちは。
名古屋栄・一宮の小顔・美肌専門サロン 美wellness LAB.のセラピスト加藤です。

今年に入って早19日、食生活も元のリズムに戻ってきた方がほとんどでしょうか。

「お正月太り」という言葉があるように、年末年始の食生活は肥満の元。
それと同時に肌もかさつきやすく、なんだかくすんで、ハリがなかったり、吹き出物ができやすくなるのも
食生活に原因が。

〝私たちは食べた物からできている″

身体も肌も、ベースとなる考え方は同じ。

特に年末年始の料理は糖質が多い上、
タンパク質(お肉、魚、卵、豆類など)が極端に少ない為、
栄養のバランスが乱れて肌荒れに。

そして何よりのダメージは
内臓を酷使し続けること。

内臓にも休息が必要です。

内臓を休ませる といえばファスティング。

img_8134

実際ファスティングを行なった方は、
肌の変化を感じられます。

ファスティングに興味のある方はこちらの記事も。

まず内臓を休め、消化・吸収ができる状態に整えて、バランスの取れた食事をすることが

何よりのスキンケア。

 

ファスティングのお問い合わせはこちらから。