背骨のニュートラル

本来人間の背骨は腰部と頚部は前弯、胸部は後弯するS字を描いていますが、これを背骨のニュートラルといいます!

しかし日常生活などで腰部が過前弯(反り腰)だったり後弯(丸腰)になってる方がいらっしゃいますね😆

そういう場合ニュートラルに戻す為に壁を背に立ったりあぐらで背中にポールを当てたりして腰の所に少し隙間ができるようにしているの目にしたり実際に行ってる人もいると思います👀

その時腰を前に押し出していませんか🤔

押し出すとエロンゲーション(軸の伸長)で上に伸びてるはずなのにお腹が伸びてしまって腰につまり感やストレスを感じませんか?

 

では、あぐらで坐骨でマットに突き刺すようにして鳩尾を斜め上に引き上げるようにすると反り腰になりにくく腰のつまり感やストレスはどうでしょうか?

楽な気がしませんか?

そしてこちらの方がお腹に力をいれやすくないですか?

 

もし、インストラクターが丸腰の人にもっと腰を前にというインストラクションをしたらお客様はストレスを感じながら動くことになります💦

 

もし、違いがわからないという方は両方のやり方を交互にやってみてください(*^_^*)