腸内リズムを制したら簡単に痩せる

こんにちは。

名古屋栄の小顔・美脚専門サロン美wellnessLAB.です。

よく1日3食食べなきゃいけないの?とか、お腹減ってないけど朝ご飯食べたり。と食事の頻度や量についてよく聞かれます。

そもそも1日3食じゃなきゃいけないのかって話で、昔の農耕文化が盛んな時代江戸時代までは良かったようです。

ただ便利な時代になり、動く量も格段に減った現在は、保存料や添加物まみれのものを以前と同じだけの量を摂ったら当然太るに決まってます。

そう、今は3食とる必要はまるで無いです。

私たちが朝起きて、夜寝るといった生活リズムがあるのと同じように、食べたものを消化吸収してくれる内臓にも実はリズムがあります。

men laying on the grass

4:00~12:00 排泄が活発になる時間

12:00~20:00 消化が活発になる時間

20:00~4:00 吸収が活発になる時間

というように、時間によって内臓の働き方に変化が出てきます。

なので、内臓からすると排泄が活発な時間に必要以上に食べ物が入ってくると困っちゃうわけです。

逆に、吸収が活発な時間にもたくさん食べ物が入ってくると内臓は吸収にエネルギーが回らなくなっちゃうわけです。

ポイントは朝・夜の食事を無理して食べない。(お腹が減ってないのに食べたりは特に)

食べても、腹5分くらいで。

食べる内容は、朝は糖質と脂質、お昼はバランスよく、夜は炭水化物少なめでタンパク質を多めに。

まずはこんなところから始めてみてください。

朝の目覚め、午前中の身体の軽さに気が付くはずです。

初回体験・お問い合わせはこちらから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。