シミはレーザーで取ればいい?

こんにちは。
美wellnessLAB. セラピストの加藤です。

前回の記事で、
まず美肌とは何か、自分のお肌の いいところ も 嫌いなところ も知ることが大切です
というお話をしました。
美肌の条件

「そうは言っても、嫌なところに目が行くし、気になる悩みをなんとかしたい!」
と思いますよね。
様々なトラブルの中でも特に気になるのが、シミ・ニキビ跡などの色素沈着

目立つものなので、「すぐに取ってしまいたい」とレーザーと考える方も多い様です。

実際レーザーでシミは取れますが、大切なのはその後。

シミは表面に見えている下に5~6倍広がっています。
折角、表面のシミを取っても肌を根本的に改善していかなければ、再び同じ個所に出てきます。
さらに、レーザーによって肌はダメージを受けている為、紫外線の影響を受けやすくなります。
“手軽ですぐ効果が出る”というメリットはありますが、出てきては取る その度に傷をつけるという作業の繰り返しになってしまいます。

では、シミにどう対処したらいいのか?

シミを改善するポイントは、肌の新陳代謝を高めること

img_7554

こんな日差しの中で遊んでも、子供の頃は黒く焼けて皮がめくれますが、シミにはなりませんでしたよね?

それは肌の代謝が活発だから

代謝がよければ、約28日周期で表皮が角質となって剥がれ落ちるときにメラニンも排泄されるので、
シミを薄くしていくことができます。

「でも、歳だからターンオーバーが遅くなるのは仕方がないでしょ?」

という声が聞こえてきそうですが、確かに何もしなければ代謝は衰えていきます。

img_7555

しかし、ケアと毎日の意識でその衰えを緩やかにし、代謝を高めていくことは可能です。

改善の仕方は様々ですが、今あなたに必要なケアは何か?
提案させていただきます。

無料カウンセリングのご予約、お待ちしております。

美肌の条件

こんにちは、栄店・一宮店のセラピスト加藤です。

突然ですが質問です。

あなたのお肌は美肌ですか?

シミ、しわ、たるみ、ニキビ、ニキビ跡、乾燥、くすみ・・・

改善したいポイントは人それぞれですが、
まずどういうお肌を目指すのか?
を明確にすることで、改善のポイントや今取り入れるべきケアがはっきりとします。
img_7382

一般的な美肌の要素として、う な は だ け つ がポイントとされています。

 潤い
 滑らかさ
 ハリ
 弾力
 血行
 ツヤ

少し細かくみていくと

・くすみがなく透明感溢れる肌
・ザラつきのない、つるりとした滑らかな肌
・きめがふっくら整っている肌
・しわ、たるみのない、ハリと弾力に満ちた肌
・生き生きとした血色感のある肌
・しみ、そばかす、色むらのない均一な肌色

これらの条件が揃っている肌はイメージしただけでも理想のお肌ですよね。

「シミをなくしたい。」「たるみをなくしたい」・・・

欠点にばかり目が行きがちですが、

血色はどうか?潤いはどうか?

今の肌状態をしっかりと見つめ、改善するポイントは改善し、今ある良さも知った上でキープしていく必要があります。

年齢を重ねながら、美しい肌を保つポイントは代謝
肌本来の力をどれだけ高められるか が鍵になります。

肌本来の力を外側から高めていくのがアロマジックハーブテラピー

img_6188

img_6329

お問い合わせ、無料カウンセリングのご予約、お待ちしております。

背骨の柔軟性

アンチエイジング…

美wellnessLAB.では

スローエイジングを応援してます。

今日も スローエイジングを目指す
お客様が
ピラティスリフォーマーをご体験。

背骨の柔軟性は 若々しさを象徴します。

背骨をひとつづつ 動かす

マットでは難しい動きですが、リフォーマーでは
ひとつづつが 意識しやすくなります。

HIDEMI先生の丁寧なわかりやすい指導が
一宮店では 受けられます。

気になる方は ぜひ ご予約をお待ちいたしております。image