玄米だったらダイエット出来る?

こんにちは。
名古屋栄・一宮の女性専門パーソナルトレーニングジム美wellnessLAB.です。

前回の記事でダイエットの成功の秘訣は

①カロリーの収支(食べたカロリーより動いたカロリーが上回ると体重は減る)

②血糖値を必要以上にあげない

と書きました。

ダイエットをするときは、まずは食事からアプローチしていきましょうね。という話でしたが。

では、どんな食事をしていけば良いのか?

ポイントになるのが血糖値

血糖値は字のごとく血液中の糖分の量を数値化したもの。

この血糖値が高いと、インシュリンというホルモンが出て、脂肪細胞に糖質を貯蔵すると言われています。

なので、血糖値は特別な目的がない限り不必要に上げる必要はないのです。

では、血糖値を上げない食べ物はないのか?

健康に気をつけている人であれば聞いたことのある低GI食品。

白米より玄米、食パンより全粒粉パン、うどんよりもそばがいいと言われているあれです。

低GI値食品の一覧はネットで調べてみてください。
いっぱい出てきます。

低GI値食品は摂取しても血糖値が上がりにくいと言われており、低インシュリンダイエットとして、ダイエット方法の一つとして認知されていますね。

もちろん血糖値が緩やかになるので、摂るものをこういった低GI値に変えていくのは有効です。

ただ、低GI値食品だから大丈夫と思って、たくさん量を食べてしまっては効果は出ないですからね。

あと経験上ですが、低GI値食品ばかりに拘って食事をしている人は継続するのに疲れてリバウンドしてしまう人もよく見かけます。

適度に無理なく食品選びをすることが重要です。

だから玄米食べてるだけでは痩せませんのでご注意を。

糖質は、低GI値でも糖質には変わりありませんからね。

低GI値を選んでるけど痩せない方、そもそも糖質の量が多いと思われますので、1日の糖質の量を見直してみましょう。

どうしたら自分は痩せるのか?

その方法は次回お伝えします。

あなたの痩せない原因をお伝えして、改善方法を初回体験でお伝えしています。

初回体験はこちらから。

男性のお問い合わせはこちらから。

正しい姿勢で

こんにちは
名古屋 栄 一宮 パーソナルトレー二ングジム
美wellnessLAB.一宮店 です!

お尻のエクササイズとして
デッドリフト

お客様の中には、これをやると 腰が痛くなる。

という方がいらっしゃいます。

正しい姿勢で できてないようですね。

正しい姿勢でできなければ、当然 お尻には効果も
上がりませんね。

デッドリフトが上手くできてくると ウエストにも
良い効果もあらわれます✨

正しい姿勢のとり方 ぜひ
美ラボに体感しに いらしてくださいね!✨☝️

http://bewellnesslab.com/

運動で痩せる。という勘違い

こんにちは。
名古屋栄・一宮の女性専門パーソナルトレーニングジムの美wellnessLAB.です。

カウンセリングをしていく中で、皆さん勘違いされていることがいくつかあるのですが、その一つが「運動すれば痩せる」という考え方。

皆さん、運動をすれば痩せると思っていますが、運動では痩せません。

世の中にはたくさんのダイエット方法がありますが、ダイエットを成功させるポイントは極めてシンプルです。

①摂取したカロリーより消費したカロリーが上回っているかどうか

②血糖値を必要以上にあげていないかどうか

美ラボでは、この2つのポイントでダイエットは簡単に成功すると定義しています。

①のカロリーの収支ですが、聞いたことあるのが 茶碗1杯のご飯のカロリーは有酸素運動30分のカロリーと同じ。というもの。

同じかどうかは人によって変わるので詳しく触れませんが、カロリーコントロールは運動よりも圧倒的に食事の方がしやすいのは間違いないです。

それを皆さん知ってか知らずか、運動でカロリー収支を調整しようとしているんです。

運動したら達成感も出てきて、余計に食べてしまう経験ありませんか?

運動したら血糖値が下がるので、お腹が減るのは正常な反応です。

運動すると興奮するので、食べるチョイスも欲求のまま食べてしまうことが多く、カロリーオーバーになってしまうことも。

つまり、運動がダイエットに逆効果に繋がることもあることを知っておいた方がいいです。

運動で痩せることがダメではないですが、明らかに効率が悪いですし、今まで多くの方のダイエットのサポートをしてきましたが、運動でダイエットしようとする方は大半が失敗しています。

ダイエットに成功する人は皆んな食事からアプローチしています。

運動で痩せましょう。という謳い文句に惑わされず、しっかり食事のメリハリをつけて効率よくダイエットしていきましょう。

ご自分の食事内容があっているかどうか知りたい方はぜひ初回体験にいらしてください。

初回体験はこちらから。

男性の体験はこちらからどうぞ

腕立て伏せ

色々な体幹トレーニングがありますが、腕立て伏せも
立派な体幹トレーニング!

しかも 二の腕の引き締めにも効果的ですし、お腹も引き締められて 一石二鳥✨☝️

ただ 正しいフォームでやらないと効果はありませんので
腕立て伏せの正しいフォームを習得したい方は、ぜひ
体感しに 美ラボにいらしてくださいね👌✨

マスターストレッチ

マスターストレッチを やりたくて 美ラボに
いらっしゃる方が 多くいらっしゃいます。

お尻の位置が上がったり、ふくらはぎの浮腫みが解消したり、
0脚が改善したりと、効果は様々ですが…

下半身のお悩みがある方は 間違いなくやった方がいい
エクササイズになります!

夏に向けて、下半身太りを 解消していきましょう!✨☝️

二の腕引き締め

二の腕の引き締めには、フレンチプレスがオススメ✨
です!

腕を上げて行うエクササイズは、血流も良くなるので、
終わった後のすっきり感が 確実にあります!

肘の角度も とても重要になりますので、やり方が
わからない方は、ぜひ一度 ご体感にいらしてくださいね!

お腹の引き締め

お腹を引き締めるために、みなさん腹筋をされますが…

腹筋をしてもお腹は細くならないですよ。

お腹を引き締めるためには

呼吸が重要!

お腹を引き締める呼吸を使って、様々な体幹トレーニングを
美ラボでは 提供しております。

トレーニングをしても、なかなかお腹が引き締まらない方は
ぜひ一度!美ラボメソッドを体感しにいらしてください✨

その場でウエストが引き締まるのを 実感できます👌✨

フリーウェイトトレーニング

スポーツクラブにあるマシンだと、軌道に合わなくて
なかなか 効かせたいところに 効かない ということが
ありますが。。

美ラボでは 基本 すべてが フリーウェイトトレーニング。

適切なフォームで 効果が感じられる指導が受けられます!

みなさん もう 夏は目前です!
いまからでも 見せられる カラダづくり はじめませんか?

まずは 適切なフォームを習得を体感しにいらしてください✨☝️

痩せにくい体質?

年齢や遺伝で痩せにくい体質の人がいるとは
言われてますが…変われないということは存在しません。

美ラボには、20kg以上痩せて 人生が変わった方もいらっしゃいます。

体質だから、遺伝だから と諦めてる方がいらっしゃいましたら、美ラボに通わずに 諦めていたら もったないですよ❗️

初回体験で ぜひ 美ラボメソッドをぜひ一度
体感しにいらしてください☝️✨

ペアトレーニング

お友達と一緒だと頑張れる!っていう方が 大変
多いので、ペアトレーニングのお問い合わせをたくさん
いただいております!✨

お友達とペアで トレーニングをされたい方
ぜひ お問い合わせくださいね!😊

美尻トレーニング

美尻、美脚をつくるのに おススメなマシン
レッグプレス✨

かかと で踏むのがポイントになります。

トレーニングをしていて、もも裏やお尻に刺激を
感じていれば OK👌✨

もも前に効いていたら、やり方が間違っていますので
正しいやり方を美ラボに 学びにいらしてくださいね!

背中の引き締め

背中を引き締めるのに 効果的なエクササイズ✨

見た目以上に 効果を感じていただくことが
できます!

写真のお客様も このエクササイズの後には
汗びっしょり!

お尻をぎゅっとしめたまま 行うのが背中を
引き締めるためのポイント☝️

やり方次第では 全く別のエクササイズになりますので
背中を引き締めたい方は、ぜひ一度ご体験を受けていただく
ことを おススメいたします😊✨

内ももに効果的

スクワットの中でも 特に女性におススメなのは、

ワイドスクワット

ヒップアップはもちろんですが、内ももの引き締めに
効果絶大です!✨

前ももに 力みが入らないように、重心の位置が
ポイントになります!

初回体験にて ぜひ ご体感くださいね☝️

腹筋に効かすなら

下っ腹の引き締めには
普通の腹筋では、効かないんですよね。。。

写真のように 脚をバタバタ動かしながらの
腹筋を行うと効果かあります!

なかなか できない方が多いのですが…
自分の脚の重さに 耐えられるだけの 腹筋は
欲しいものですね!✨

トレーニング体験の際にも お伝えできますよ^_^
ぜひ お問い合わせください☝️

美脚への道

美脚、美尻をつくるためには、
片脚で自分の体重を支えることができるように
することが 必須になります☝️✨

いくら 脚が引き締まってても、いくらお尻が引き上がってても。。。

歩き方がまともにてきなければ、
本当の美しさではないと、美LABでは定義しております。

写真のように 片脚で体重を支えながらスクワットができるか、チェックしてみてください☝️