ピラティス?

ピラティスはドイツ人であるジョセフ・フーベルトス・ピラティス(1880〜1967)がつくったものです。

12月9日は彼の誕生日で今年は没後50年になります‼️

 

彼は戦争で抑留されていたマン島で看護師として働き、怪我をした軍人のリハビリの為に行ったエクササイズがピラティスメソッドの始まりとなりました。

 

戦争が終わりドイツに戻りましたが、その後アメリカのニューヨークに渡り、そこで有名人や上流階級の人々を数多くクライアントに持ちました。

 

病院でもピラティスを行い、たくさんの結果を出しましたが、彼にはバックグランドが無くきちんとした医療訓練を受けていないということで医学界では受け入れられませんでした😓

80歳を過ぎた彼は「 私は50年早すぎた」と言っていました。

 

そして50年後の現在、本当にピラティスメソッドは世界に広まっています(*^_^*)

 

私はピラティスインストラクターの一人として更に多くの人にピラティスの良さを拡げて行きたいと思います✨

貴方もピラティスを始めませんか?

体験はこちらから

 

 

スパインストレッチフォワードは前屈?

ピラティスエクササイズでよく行うスパインストレッチフォワード。

これは、長座で両方の坐骨に均等に体重を乗せ骨盤をしっかり立てセットアップ😊

上から順に背骨を一つずつ前に動かしていきます。

 

エクササイズ名のとおり背骨のストレッチで背骨を柔らかくするのが目的です‼️

 

しかし、上体を深く前屈する事を目標にしている方が結構いらっしゃいます💦

そうなるとハムストリングス(もも裏)のストレッチになり、背骨の動きが小さくなってしまいます(*≧∀≦*)

 

写真ではストレッチーズという伸縮性のある布を使っていますが、腰の所にあるストレッチーズが前に軽く圧をかけてくれますが、それをお腹で押し返しながら坐骨をマットに重くしたままお腹が上に伸びていくように背骨を動かしていくと本来の目的である背骨のストレッチになります👍

 

勿論ストレッチーズが無くても腰から前に圧がかかっているイメージでお腹を使い背骨を動いていくと骨盤を安定させながら背骨を動かすことができますよ✨

美ラボではストレッチーズを使ってピラティスを行うことが出来ます(*^_^*)

体験はこちらから

 

ピラティスで身体のメンテナンス

昨日ご来店のお客様。

体調は良いとのことでセッションスタート😃

 

最初に立位でロールダウンして頂くと右肩がいつもより前に出てる…

まずはリフォーマーにてウォームアップの為フットワークシリーズのセットアップをして頂くとやはり右肩がキャリッジから浮いた状態‼️

 

何か心当たりがないか確認すると、久しぶりに週末ワンちゃん🐕にボール投げをいっぱい、いっぱ〜いされたそうです😊

なるほど…

 

早速頭から足先までまんべんなく、肩まわりは少し多めにエクササイズを行い終了(*^_^*)

肩はいつもある所に戻りました👍

そしてお客様は気持ちよかった😊また来週と笑顔で帰られました✨✨✨

 

もし、このお客様が何もエクササイズをされてなかったら前に出た右肩はどうなっていたのでしょうか🤔……😱

 

身体のメンテナンスはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冷えの解消にピラティス

最近は朝晩の冷え込みで手足の冷えを訴える人が多くなりましたね😖

末端が冷えると手袋や分厚いソックスで温めようとされる方が多いですが、実はとても効率の悪い対処法です!

 

末端が冷える原因は体幹の冷えからくることが多いのです🤢

体幹が冷えると末端の血液を体幹に集めようとするので手足が冷たくなります‼️

 

そんな時に手足を温める🧤より体幹を温めたほうが手っ取り早いですよね(*^_^*)

 

と言うことは体幹を動かす運動をすれば血流量が増え暖かくなります😃

 

背骨を動かしたり安定させる多裂筋や骨盤を安定させる腹横筋、腹斜筋に沢山アプローチするピラティスを行うことで体幹を温めることができます✨✨

是非試してみて下さい😊

 

体験はこちらから

 

 

うれしい報告

スポーツクラブでプールをメインに運動されているK様。

 

背泳ぎをすると必ず斜めに進んでしまってたそうです💦

 

ピラティスを始め、継続することで真っ直ぐに泳げるようになり喜んで報告して下さいました(*^_^*)

 

泳ぎ方で何とか修正しようとするより、身体の中心を整えて安定させるピラティスエクササイズを行うことで左右バランスが整い、結果泳ぎ方が変わったようですね😊

 

ピラティスは水泳に限らず、テニスやゴルフなどのスイング系のスポーツをされる方にもオススメのエクササイズです✨

体験はこちらから

リフォーマーセッション

先日マットピラティスを2年されているという方がリフォーマー体験にいらっしゃいました(*^_^*)

 

実際に動いて頂くとピラティス経験者ですので背骨のアーティキュレーションはお上手です。が、

内転筋に力がはいらない。

お腹がぬける。

肩にすごく力を入れて動く…

その方の動かし方のクセが見えてきます‼️

 

どこを使って行うのか。

どこが使えていないか。

左右差など…

マシンで行うことでお客様にも気づきいっぱいあったようです😊

 

この気づきをマットピラティスを行う時、意識する所として動いて頂くと身体は変わって行くと思います✨

 

体験はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

フットワーク ピラティスV その2

前回はフットバーに乗せる足指について書きました。

今回はVの作り方です^_^

ありがちなのは足をVにする‼️

えっ。当然でしょ!とおもいますよね😅

もちろん足をVにします💦

でも足先がVにしているわけではないんです⁉️

先ずは股関節から大腿骨が外旋して足がVになるのです(*^_^*)

足先からピラティスVをセットして股関節からの外旋が少なかったりすると膝にストレスを与えてしまいます😱

皆さん一度足先からと股関節からVをつくってみて下さい😃

違いを感じると思います✨✨✨

体験はこちらから

 

フットワーク ピラティスV

リフォーマーで行うピラティスVでのフットワーク。

フットバーに乗せてる足指ですが親指に体重が乗り回内なる、あるいは小指に乗り回外になる方いらっしゃいます👣

親指から小指までカーフレイズをするように押し出すと良いですよ!

もちろんふくらはぎのトレーニングではありませんので全身統合して伸びましょう✨

  1. 体験はこちらから

アーティキュレーション

ピラティスの動きの目的にアーティキュレーションというのがあります!

簡単に言ってしまうと脊柱を上から又は下から椎骨一個ずつ順に動かしていくことです💁

これは屈曲、伸展だけでなく側屈や回旋動作にも言えます!

エクササイズではロールアップ、ロールオーバー、ツイストなど一つの動作をアーティキュレーションを意識して行うものとソーのように回旋と屈曲、どちらもアーティキュレーションを意識するエクササイズがあります(*^_^*)

色々な方向にアーティキュレーションを意識し動いていくとどんどんしなやかに身体を動かせるようになります💃

体験はこちらから

 

 

ピラティスで快眠

2日前の夕方、ストレスですごく疲れて眠れないのでと翌日のピラティスプライベートを希望されたS様。

昨日ご来店。

背骨の動きをメインに全身まんべんなく動かして頂きました(*^_^*)

セッション後には今夜は眠れるような気がするとおっしゃって帰られました😃

そして今朝S様からのメール。

久し振りにぐっすり寝ることができたと報告を頂きました(((o(*゚▽゚*)o)))♡

ピラティスは快眠の為にもオススメです✨✨✨

http://bewellnesslab.com/trial/ “ピラティスで快眠” の続きを読む

エロンゲーション?

ピラティスを行う時によく使う言葉、エロンゲーション‼️

エロンゲーションとは「軸の伸長」のことで背骨を長〜く伸ばしながら使います!

とはいえ目に見えて長くなるわけではありません💦

背骨の一個一個を椎骨といいますがその椎骨と椎骨の間にスペースを作るようにする(*^_^*)

そうすることで背骨のいろいろな動作、例えば回旋(捻じる)動作や側屈(横倒し)の倒す側の背骨の圧迫ストレスを軽減することになります(*^_^*)

私はイメージキューで息を吸う時、椎骨と椎骨の間に空気を送ってスペースを作りましょう😃(もちろん椎骨の間には空気は入りません😅あくまでもイメージです!)などと案内します。

そうすると背骨が長くなった気がする!

背が高くなった気がする!とおっしゃいます(*^_^*)

このエロンゲーションを意識するだけで背骨の動きはかなり変化してしなやかな動作となります✨

皆さんも背骨を意識して呼吸を行なってみて下さい🤗

体験レッスンはこちらから

 

 

 

なぜピラティスセッションを?

貴方はピラティスをしたことがありますか?

初回のプライベートセッション時には、どうして始められるのかを伺うようにしています。

多くはまずグループマットからピラティス始めて次にマシンに興味を持たれるか、マットクラスでできないものをプライベートでできるようにしたい方です。

先日行いました初セッションの方は、グループでのピラティスも経験がなく、テレビで芸能人がピラティスセッションをやっているのを見て一度経験したかった‼️っと受講されました😃

どんな動機であれピラティスを知って頂けたのは良かったと思います(*^_^*)

 

東京でピラティスインストラクターをしている知人の所には医者の勧めでセッションを受けに来る人が結構いるそうです😃

アメリカなど他の国では病院内にリフォーマーなどのマシンがありリハビリ、治療にピラティスを行なわれえいます‼️

日本国内にも病院に併設されている所はありますがほぼ皆無。

私の所には医者の勧めでいらっしゃった方は無論いません💦

もっと言ってしまうと以前病院で医師にピラティスの話しをした時になんじゃそれは?って😓

医師が知らなければピラティスを勧める事はないですよね😓

ピラティスというものを一人でも多くの人に知って頂きもっと身近なものになる事を願います✨

貴方もピラティスを身近なものにしませんか?

お問い合わせこちら

 

ピラティスのスワン

ピラティスの代表的な伸展系エクササイズにスワンがあります。

このスワンを行う時、顎を天井の方に向けたり、手をつっかえ棒のようにして腰から反り上がる人を見かけます😆

これは首や腰に過度のストレスをかけてしまいます😵

脊柱を伸展するために必要な代表的な筋肉に脊柱起立筋があります!

脊柱起立筋には大きく分けて腸肋筋・最長筋・棘筋。

この3つの筋肉の起始と停止をイメージすると動かし方がすごーく変わります(*^_^*)

もっと簡単に言ってしまうと仙骨から乳様突起・後頭骨を伸ばすように伸展していくと気持ち良くスワンが出来ます✨

ピラティス体験はこちら

 

 

ピラティスセッション

3ヶ月ぶりにピラティスセッションにご来店のB様。

長年トレーニングを続けていらして、特にバーベルを担いでのウェイトトレーニング🏋️‍♀️が大好きな女性。

数ヶ月、ウェイトトレーニングも殆ど出来なかった状態での本日のセッション。

 

以前は大きな筋肉に頼る傾向があり、少し頑張ろうとすると筋肉がムキムキ💪となり固める傾向がありました😅

今日は背骨を動かしやすくなっており、これはトレーニング不足でムキムキ筋肉が働きにくかったのかもしれませんね(*^_^*)

ご本人もいくつかの動きでいつもとは違う感覚があったようです‼️

ピラティス体験はこちら

 

 

ピラティスリフォーマーでの フットワーク

リフォーマーでのエクササイズでフットバーに足をのせて行うフットワークシリーズ。

フットバーに乗っている足を蹴り出したり踏み込む時、足を一つの塊で動かすものと思っている人がいらっしゃいます!

足部には沢山の骨、筋肉、靭帯がありますのでアーティキュレーションを意識して動かして行くと….(意識してもなかなか上手く動いてくれませんが💦)

つま先から頭のてっぺんまで全身を使っての動きに繋がります(*^_^*)

先ずは意識する事がたいせつですね✨

お問い合わせはこちら